20代の借金相談をするべき相手とは

若い世代は借金総額が少ない傾向がありますが、浪費の借金の割合は最も大きいです。20代でキャッシングなどの高金利ローンから繰り返し借入していると、あっという間に借金は膨らんでいきます。借金の返済が難しくなったときは、早めに相談することが大切となります。

借金が少ない段階から対処しておくことが問題を大きくしないコツです。

20代の借金のよくある内訳とは

若いころは遊びたい年頃なので、遊興費が増えてしまうのが普通です。20代の借金相談として多い理由としても、収入に対して遊興費・ギャンブル費用の割合が大きいことが挙げられています。未成年は借金をしているケースが少ないですが、これはローンを利用できないためです。

キャッシングやカードローンの利用可能年齢は20歳以上に設定されているものがほとんどで、実際に20代から借金をする人が増えてきます。初めて借金をするときは誰しも緊張するものですが、数年も経てば慣れてきます。

そして、何度も追加融資を受けているうちに返済できない金額まで膨れ上がってしまうわけです。20代で借金に困っている方は、親や兄弟などの身内や友人に相談するケースが多いです。しかし、相談しても借金が減るわけではなく、お金を貸してもらってローンの返済に充てるというケースが少なくありません。

親から借金の肩代わりをしてもらう話はよく聞かれますが、これも全般的に若者に多くなっています。借金の原因は本人の浪費にあり、収入に見合ったお金の使い方をしていないためです。この部分は自分自身が自覚して改善するしかなく、身内や友人に相談して解決する問題ではありません。

安易に限度額の増枠はしないこと

20歳からローン契約が可能となり、消費者金融や銀行のキャッシングを利用する方が増えてきます。ほとんどの方は大手消費者金融や銀行から借入しており、これらの大手はローン用のカードを発行してくれます。ローンカードがあれば金融機関・提携コンビニATMなどで、いつでも借入・返済ができるのです。

キャッシュカードで入金・出金する感覚で利用できるので、短期間で借入総額が増えやすいです。実際に契約から1年も経過するころには、当初の限度枠より大きくなっている方が少なくありません。金融機関側としては返済能力のある人には積極的に融資をしたいと考えているわけです。

契約から数ヵ月後に金融機関から連絡がきて、融資増額の話を持ちかけられる話はよくあります。20代で借金地獄に陥ってしまう始まりとして限度額の増枠があるため、この話には安易に乗らないようにしてください。例えば、10万円の限度枠を30万円に増やすと交渉を持ちかけられた場合、必要がなければきっぱりと断る必要があります。

確かに限度枠を増やしても使わなければ問題ありませんが、多くの方は誘惑に負けてしまいます。初回契約のときに設定された限度枠内でやりくりしていれば、借金返済で困る状況になることは少ないはずです。

まずは金融機関に相談してみよう

借金を返済できなくなったときの金融機関の対応は厳しいものです。昔と比べれば取立ては甘くなったとは言えども、高圧的な態度を取られたりタメ口で話されたりするのは普通にあります。長期の延滞をしており返済の目処が立たない状況なら弁護士への相談が必要ですが、延滞する前であれば金融機関に相談してみるのも手です。

金融機関に対して借金返済が厳しくなってきたので、毎月の返済額・利息を減らして欲しいなどと交渉してみましょう。交渉をしても却下されることが多いですが、稀に応じてくれる可能性があるので交渉してみる価値はあります。

キャッシングの金利は5.0%~17.8%などと数倍の幅があり、借入総額や信用力に応じて個別に設定しています。同じ金額の借入をしている状況でも、金利が18.0%の人もいれば15.0%の人もいたりするわけです。

金利を下げてもらえば利息が減るため、確実に返済は楽になります。また、毎月の返済額を減らす方法に関しては、返済期間が長期化することを覚悟しておきましょう。借金は原則として借りた日数分で利息が加算されるので、返済期間が2倍になれば利息も2倍になります。

自分が無理なく返済できるプランを考えた上で、金融機関に相談してみるのが得策です。

20代でも弁護士に借金相談ができます

20代~60代以上の年齢層から借金総額を見てみると、最も少ないのは20代で平均250万円程度となっています。30代になると結婚したり住宅ローンを組んだりすることが多く、借金は20代の2~3倍にまで膨らんでしまいます。

奨学金やクルマのローンなどの返済は大事には至りにくいですが、問題となるのは多目的ローンからの借入です。借金のうちキャッシングからの借入の割合が多い方は注意が必要で、収支のバランスを改善しないとあっという間に借金が増えることになります。

借金の返済が無理だと感じたときは、迷うことなく弁護士に相談してください。返済がやや厳しい程度なら金融機関に相談したり、おまとめローンで一本化したりして対処できます。しかし、利息を支払うのも大変なほどの借金を抱えているなら、自力で解決するのは難しいです。

人は借金をするほど節約を強いられますが、節約には限界があるものです。節約しても返済が難しい状況にあるなら、収入を増やしていくしかありません。これらが無理な状況にあるなら、今すぐ弁護士に相談する状況にあると言えます。

弁護士に借金相談をしてから債務整理を検討する

債務整理をする前には、必ず専門家に相談をする必要があります。30分程度の借金相談を通して、家計状況・返済能力に応じた適切な債務整理を選択していきます。債務整理の方法は確実に1回で解決できることを意識して選んでください。

よくあるのは任意整理をしたけど借金返済に行き詰まり、個人再生や自己破産が必要になるケースです。債務整理を何度も行っていれば、その分だけ弁護士費用がかかります。そして、債務整理をするときは、現在までのお金の使い方に対して反省しなくてはいけません。

債務整理をすればブラックリストに登録されるので5年以上はローンの利用ができなくなります。そのため、借金はそれ以上増えませんが、家計自体を見直さないと債務整理後の債務返済資金を用意できなくなります。毎月の収入・出費を家計簿につけてみて、ムダのある部分は徹底して解消していく必要があるでしょう。

20代という年齢はお金の使い方に慣れていない人が多いため、家計簿をつけることを日課にすること、毎月1回は債務の返済シミュレーションをすることなどを徹底してください。