借金の問題は両親に相談しても解決しません

借金を返せなくて困っているときに相談するべき相手は弁護士であり両親ではありません。両親に相談をしても、両親ができる対策は子供にお金を貸すことくらいでしょう。借金の肩代わりをしてもらうと、両親の資産が減ってしまうので確実に迷惑をかけます。

債務整理をすればすべての借金は自力解決ができますので、返済できないときは弁護士に依頼してください。

借金の問題を両親に相談しても解決しない理由

浪費を重ねて作った借金が返済できなくなり、両親に相談するという話は少なくありません。困ったときは両親に相談するという方は多いですが、借金の問題は誰かに相談して解決することはないと考えてください。両親が債権者と交渉してくれたとしても、それで借金が減ることはないのです。

借りたお金には利息が発生し、元金・利息を含めた金額をすべて支払うまでは借金は終わりません。両親が借金の肩代わりをしてくれるケースはありえますが、両親に多大な迷惑をかけることになります。両親からお金を借りて金融機関に返済するにしても、金融機関に返済できないのに両親に返済できる道理はありません。

何より両親に安易に頼ってしまう方には甘えがあり、借金を代わりに返済してもらってもすぐに借金を繰り返す傾向があります。借金問題を根本から解決するには、借金をしない生活を徹底することがポイントです。すでに返済不能に陥っている場合は、両親ではなく弁護士に相談するのが得策です。

弁護士なら債務整理を通して、借金を無理のない金額まで圧縮してくれるでしょう。債務整理ができない借金は存在しないため、お金のことで困ったときは弁護士に相談してください。

借金のことは両親には話さないのが基本

基本的に両親に対して借金のことを話す必要はありません。親は子供が借金に苦しんでいるとき、なんとかしてあげたいと思うものです。なけなしの貯金を出して借金返済資金を提供してくれたという話はありますが、両親と共倒れになっては本末転倒でしょう。

昔は借金が返済できないときは夜逃げするしかないと言われていた時代がありますが、今は数多くの解決法が用意されています。自己破産以外にも任意整理や個人再生、過払い金請求などの方法があります。債務整理は弁護士を通さずに自分自身で行うことができますが、債権者に対して対等に交渉するのは無理です。

債務整理を考えている時点で延滞をしていることが多く、債権者に対して多大な迷惑をかけているのです。こうした状況で対等に交渉などできず、一括返済するように言われて終わりでしょう。借金相談をするなら両親や債権者ではなく、弁護士に相談をしてください。

相談者の利益を第一に考えて対処してくれますし、債権者との交渉も代行してくれます。また、司法書士も借金相談に対応していますが、委任できるのは1件あたり140万円までの借金となります。それを超える借金を解決するためには弁護士に相談する必要があるのです。

両親の借金を代わりに返済する義務はない

両親が借金返済に困っていても、子供が返済する義務はありません。保証人・連帯保証人になっているなどの例外を除いて、自分で作った借金は自分で整理する義務があります。両親から借金相談をされた場合は、債務整理という方法があることを教えてあげましょう。

身内の貸し借りはトラブルの原因になりやすいので避けるのが好ましいです。そもそも身内に借金の申込をする人とは距離を置かなくてはいけません。お金に困ったときは金融機関から借入ができますし、返済に困っているなら債務整理という解決法があります。

何より身内から安易に借りようとする人に貸しても、回収するのは極めて難しいのが現実です。個人的な貸し借りを避けるべき理由には、相手が甘えてしまうこともあります。例えば相手が困っているときに気前よく1万円を貸してしまえば、再び借金の申込をされる可能性が高いです。

借りる側は断らないと思える相手に借金の申込をする性質があります。お金を貸すほど借金の申込が増えるという悪循環になるので、お金を貸してほしいと言われたときはハッキリと断りましょう。お金がないので貸せないというのが一番効果的であり、それでも相手が引かないようなら金融機関から借りるように促すのがよいです。

両親から借りるなら1万円までを徹底

給料日までお金がないけど、消費者金融に申込するのは抵抗があるという方は多いでしょう。そうした方は1万円までの範囲内で両親から借りるのはありです。お金というのは借りれば借りるほど返すのが大変になります。例えば、両親から3万円の借金をして次の小遣いで返すとなると、小遣いから3万円を捻出することになります。

つまり、借金をすると金欠に陥るという悪循環にハマってしまうので、借金をしないで済むような家計を実現する必要があるのです。どうしても借りる場合は1万円などの少額に限定し、決して高額の借入はしないようにしてください。

困ったときは両親から借りればいいと安易に考えていると、借り癖がついてしまうので注意が必要です。また、借りたお金は一括返済する意識を持っておき、完済する前に追加で借りないようにしてください。気持ちに緩みがあると借金はどんどん増えていくので、借入・返済に関するルールは自分の中で明確に決めておきましょう。

借金が両親にバレてしまうケース

両親と同居をしており、キャッシングなどのローンを延滞するとバレる可能性があります。特に、消費者金融は返済に関してシビアで、返済が1日遅れるだけで自宅に連絡を入れてくることが多いです。このとき金融機関名ではなく個人名を名乗ってくるのが普通ですが、電話に出た両親が気づいてしまうケースは実際にあります。

個人名で連絡がくるときは、借金の催促や在籍確認であることが多いのです。また、借金の延滞をして自宅に督促状がきてバレることもありますし、毎月送られてくる利用明細を両親に見られて借金を知られることもあります。

両親への借金相談のきっかけとして借金発覚という事例は多いです。両親にバレずに借りるためには自宅に利用明細が届かないようにすること、そして1日と言えども延滞しないことです。具体的にはWEB明細を設定すること、返済期日の5日前までに返済することなどを意識しましょう。

また、大手金融機関の中には返済期日が迫ってきたときに、お知らせメールをくれるところもあります。さらに、金融機関からの連絡先は自宅ではなく、自身の携帯・スマホ番号を設定しておくのがおすすめです。

関連資料>借金の返済:アディーレ法律事務所